今年もいろいろあります!2024年助成金〜最新ラインナップ特集~

主に厚生労働省が管轄する、雇用の促進、能力開発、労働環境の整備など、雇用や職場環境の問題解決を支援する資金を支給するのが、助成金です。厚生労働省から令和6年度4月1日に発表された2024年度(令和6年度)のおすすめ助成金の概要と助成額をご紹介いたします。

【1.キャリアアップ助成金 】~社員の採用・処遇改善を行ったときに支給される助成金~

正社員化コース

<概要>

雇用期間に定めのある社員(契約社員・パート・アルバイト)を正社員に転換または直接雇用した場合に助成されます。正社員に転換後の賃金を3%以上増額させる等、多数要件があるため、要件を確認するようになさってください。<助成額>

有期雇用労働者を正社員化した場合:1人あたり80万円(40万円×2期)

無期雇用労働者を正社員化した場合:1人あたり40万円(20万円×2期)

1年度1事業所当たりの支給申請上限人数が20名に定められています。

社会保険適用時処遇改善コース

<概要>

社員を新たに社会保険に加入させるとともに、収入を増加させる取り組みを行った場合に助成があります。

<助成額>

① 手当等支給メニュー:1人あたり50万円 (1年目20万+2年目20万+3年目10万)

➁ 労働時間延長メニュー:1人あたり30万円

③ 1年目に①と2年目に➁の取り組みを行った場合:1人あたり50万円(①1年目20万+②2年目30万)

【2.両立支援等助成金】~出産・育児を行う社員を支援する助成金~

出生時両立支援コース

<概要>

男性社員が育児休業を取得しやすい環境や体制を整え、子の出生後8週間以内に開始する連続5日以上の育児休業を取得した場合、支給対象労働者数3人まで助成されます。

<助成額>

育児休業を取得した場合:20万円(1人目)/10万円(2~3人目)

育児休業取得率が1年以内に30%以上上昇した場合:60万円 

プラチナくるみん認定事業主の場合は15万円加算されます。

育児休業等支援コース

<概要>

出産・育児を迎える女性社員の円滑な育児休業(3ヶ月以上)取得や職場復帰を支援するプランを作成し、実際に取得した場合等に助成金が支給されます。

※復帰時は原則、現職への復帰が必要であることや職制上の地位が下回っていないことが必要等細かな条件があります。

<助成額>

育児休業を取得した場合:30万円

職場復帰時:30万円

育休中等業務代替支援コース

<概要>

育児休業や育児のための短時間制度がより利用しやすいように、業務を代替する労働者への手当支給や代替要員の新規雇用を行った場合に助成されます。

<助成額>

手当を支給した場合:育児取得者1人につき最大125万円 短期間勤務中最大110万円

※業務体制整備経費5万円+業務代替手当の総額の3/4(月10万円上限)であるため、支給金額は手当支給額により異なります。

新規に代替する労働者を雇用した場合:7日以上育休取得時9万円支給、半年以上育休を取得したら67.5万円

※業務代替した期間に応じて受給金額が異なります。

柔軟な働き方選択制度等支援コース

<概要>

柔軟な働き方制度を複数導入し、育児期の労働者と面談して労働者がその制度を利用した場合に助成があります。

<助成額>

制度を2つ導入かつ対象者が制度を利用した場合:20万円

制度を3つ以上導入かつ対象者が制度を利用した場合:25万円

【3.業務改善助成金】~生産性向上のために設備投資を行う時に~

<概要>

生産性向上のために設備投資(機械設備・コンサルティング導入など)を行い、事業場内の最低賃金を引き上げた場合に、費用の一部が助成されます。

<助成額>

30万円~最大600万円です。(事業場規模30人未満の場合は60万円~600万円です。)

助成上限額は、引き上げた最低賃金の額および対象社員数に応じて決まります。

※設備投資にかかった費用の9/10と助成上限額を比較し、いずれか安い方の金額になります。

【4.働き方改革推進支援助成金】

業種別課題対応コース

<概要>

令和6年4月1日に建設業・運送業・病院等にも時間外労働の上限規制が適用されることに伴い、生産性の向上・労働時間の削減等に取り組んだ場合に助成されます。

<助成額>

建設業は、最大1,000万円

運送業は、最大950万円

病院等は、最大1,000万円です。

※成果目標達成に応じて受給金額はことなりますので、詳細はご確認ください。

2024年度もいろいろな助成金があります。各種助成金のご相談、また自社はこの助成金の申請要件を満たしているの?申請したいけどどうしたらいいの?など、気になる事がございましたら、厚生労働省のサイトを確認するようにしてください。

詳しい内容については、リードブレーン社会保険労務士事務所へお問い合わせください。


⭐︎ご連絡先⭐︎

【リードブレーン株式会社】https://leadbrain.co.jp/ 03-5835-2805

【リードブレーン社会保険労務士事務所】https://sr-leadbrain.com/ 03-5835-2806

【お問い合わせフォーム】https://leadbrain.co.jp/contact/

【Facebook】https://www.facebook.com/profile.php?id=100053946677790

【LINE】https://liff.line.me/1645278921-kWRPP32q/?accountId=711dwoso


keyboard_arrow_up

0358352806 お問い合わせバナー LINE相談予約について