2024年4月1日から「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」が改正  「時間外労働上限」が適用

改善基準告示とは

「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(以下、改善基準告示)は、ドライバーの労働条件をより良くするため、拘束時間の上限や休息時間など労働時間等の基準を定めたものです。ドライバーの長時間労働を防ぐことは、ドライバー自身の健康確保はもちろんのこと、交通事故の予防など国民の安全確保の観点からも大切です。

トラック運転者の改定内容

トラック運転者の改定内容 改定された内容は、トラック運転者、バス運転者、タクシー・ハイヤー運転者ごとに異なります。ここでは“トラック運転者”の改正内容についてご紹介します。

予期せぬ事象が起きた時の基準その他の特例など、詳しくはお問い合わせください。

「時間外労働上限」の適用内容

2019年4月より、長時間労働の解消などによる労働環境の改善を目指した「時間外労働の上限規制」が施行されています。

これまで、建設業や自動車運転業務、医師などについては、時間外労働の上限規制の適用が5年間猶予されてきました。しかし、2024年4月1日以降、これらの事業・業種についても時間外労働の上限規制が適用されます。(一部、今後も原則と異なる取扱いもあります。)

自動車運転の業務に関して、特別条項付36協定を締結する場合の時間外労働の上限が「年960時間」以内とされます。一般的な上限規制は「年720時間」以内とされていることから、若干緩やかな上限設定となっていることが分かります。

令和6年4⽉1⽇より、⾃動⾞運転業務以外のすべての職種で新様式での届出が必要です!

おわりに

改善基準告示違反をした場合は、労働基準監督署の指導を受けたり、状況によっては国土交通省の行政処分を受ける可能性があります。また、36協定に違反した場合、事案によっては刑事罰が科されることもありえます。今回の改正・適応の内容をしっかりと、理解し、対策を行いましょう。


⭐︎ご連絡先⭐︎

【リードブレーン株式会社】https://leadbrain.co.jp/ 03-5835-2805

【リードブレーン社会保険労務士事務所】https://sr-leadbrain.com/ 03-5835-2806

【お問い合わせフォーム】https://leadbrain.co.jp/contact/

【Facebook】https://www.facebook.com/profile.php?id=100053946677790

【LINE】https://liff.line.me/1645278921-kWRPP32q/?accountId=711dwoso


keyboard_arrow_up

0358352806 お問い合わせバナー LINE相談予約について